二次面接

医療品関連会社の二次面接。
面接担当は役員3人。緊張した。


役員面接ってかなり上の世代の気難しい人とかワンマン社長とか
今までの経験からそういうイメージしかなくて、
前日はずっとイメトレと対策をしてたんやけど、
質問自体はこれまでの経歴とか離職理由とか
派遣社員の時期が長かったのをもったいないねえと何度も言われたりとか
前回と変わらない質問が多かった。

その中で一番偉い人が真正面で、
質問に答えている間、書類を手に鋭い目で見つめてくるので
睨まれているようですごくやりにくかった。

けど、休日の過ごし方はいいとして、
家族構成を事細かに(兄弟の何番目かとか)、血液型まで聞かれた。
だから血液型で何を判断するのですか。

こちらからの質問もいくつかしたんやけど、
なんていうか聞きたかったことから外れていて、噛み合ってないなあと思った。
予定通り30分で終わったけど、すごく疲れた。


前回の面接では、仕事内容が希望と違うけど、
面接担当の方がとても優しくいい方だったので
こんな人たちがいる会社ならいいかなと思ってたんやけど、
二次面接受けて、その気持ちが薄れた。
けど仕事で役員と接することってあんまりないか。

やっぱり希望の仕事にもっと近い方がやっぱりいい、とか
契約社員で賞与がないので年収で考えたらアルバイトくらいになる、
それやったら少しでも希望の仕事でアルバイトのほうが毎日充実するやろ…とか
行きたくない方向に気持ちが動いてる。
妥協もせなあかんってわかってるんやけど。

思ってたのと違いすぎると気持ちが落ち込むらしい。
希望を持っていたのがなくなるからかな。
久しぶりにすごく落ちそうになってちょっとやばいかなと思ったけど、
熱いうどん食べたらなんだかどうでもよくなった。
なんでや。うどんすごいな。
行き帰り寒かったから、余計に落ち込みかけただけかな。
じゃりんこチエでもおばあはんが
「寒いのとひもじいのは絶対あかん」て言うてはったしな。
もうちょっとがんばってみよう。
テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

Tag:就職活動  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール
45歳。また無職。次行きます。

吉田

Author:吉田

カウンター
ブログランキング
ビジネス・経済本