お祈り

2/12に応募したゲーム制作会社から
2/14にお祈りメールが届いた。
まあしょうがない。
あかんかってんから。

けど、
2013/2/14 19:27 書類選考結果のお知らせ(株式会社A)
2013/2/14 19:26 書類選考結果のお知らせ(株式会社A)
2013/2/14 19:25 書類選考結果のお知らせ(株式会社A)
2013/2/14 19:24 書類選考結果のお知らせ(株式会社A)
って、1分ごとに祈っていただかなくてもいいです。
わかりましたから。
どこまで続くか思った。
理解しましたのでもう結構です、って返信フォームから送ったほうがよかったのか。


お祈りに不備があるたびに
そんな杜撰な仕事ぶりで大丈夫なのかと不思議に思う。
そしてそんないい加減さで給料がもらえる人もいるのに
仕事が得られない自分に情けなくなる。

2/15には先週二次面接を受けた設備工事会社からお祈りメールが届いた。
もう行く気なかったから結果としてはいいねんけど、テンプレそのままの短い文面に腹が立った。
募集内容に正社員になれると思わせる文面を入れるのはやめろー。
正社員どころか2年くらいで契約終わる可能性の方が高いのに。

嘘や紛らわしい表現で求職者を集めた会社は国から厳しく罰せられて高い罰金を取られますように。
そしてそのお金は本当に困っている人や苦しんでいる人にまわったらいいと思う。
テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

Tag:不採用  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール
45歳。また無職。次行きます。

吉田

Author:吉田

カウンター
ブログランキング
ビジネス・経済本