応募

2/3 5社応募 
1社には書類郵送済み。
1社からはお祈りメール。

2/5 2社応募

1/29応募の2社からはお祈りメール。


定職に就きたいけど就職活動のいろいろが面倒になってきた。
なのであまり深く考えずただ応募を続けるのみ。

でも給与額が低すぎるところには応募してない。
営業事務でIllustratorも使える人の募集で給与17万…よく見たら賞与もない…とかそんなん多い。
正社員は賞与があるものって思ってたけど、そうでもないねんな。

かといって高すぎるのも怪しかったり。
どんな会社か調べたら、
以前起訴されてたとか、取引先に評判悪かったりとか
元社員の口コミではブラック一色やったとか、ゴロゴロ出てきた。

条件ばっかりで選んでたら範囲狭まるとは思うんやけど、
もう前のような会社には入りたくないからね。


最近、明日は寒いとか雪が降るとか聞くと
暖かい服装にせな、滑りにくい靴にしようとか
出勤する想像ばっかりしてる。
今まで冬は苦手で縮こまってたけど、
裏起毛タイツのおかげで前よりは外出が楽になったので仕事ください。

テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

Tag:就職活動  Trackback:0 comment:2 

Comment

クロフネ URL|はじめまして。
#- 2014.02.06 Thu09:29
はじめまして。

39歳無職8ヶ月になるものです。
去年の6月に仕事を辞め、体調との兼ね合いも
あり、最近やっと再就職に動き始めました。
先日ハローワークで見つけた求人の面接に
行ってきましたが、撃沈しました。

やはりブランクを気にされているようで、
今バイトしているのか?朝何時に起きて何時に寝てる?
とかなり詮索されました。
ブランクに厳しい日本の現実を感じました。

マニュアル本だと自己啓発していたとか、
介護等で一度退職したとか、
とにかくPOSTIVEな理由に持っていけと
書いてありますが、正直いうと体調不良+
就活への意欲もまだ全開ではないので、
苦しい状況です。しかしブランクの期間が
延びる事に最近焦りまくってます。

管理者様は過去の記事を拝見しますと、
2年の無職期間を経験されたという事で、
そこから這い上がられたのは凄いと
思います。

>定職に就きたいけど就職活動のいろいろが面倒になってきた。
なのであまり深く考えずただ応募を続けるのみ。

応募されるだけ凄いと思います。
私は応募すら躊躇してる状況です。
何とか管理者様を見習い、這い上がろうと思います。

また拝読させて頂きます。
shijimi URL|クロフネ様
#- 2014.02.06 Thu15:19
はじめまして。
ブランクについては必ず聞かれますね。
私なんて2009年9月に退職してからのブランクですからね。
昨年7月にやっと仕事が決まったもののブラックな会社で辞めてますし。

思い出すと、私も最初は面接でブランクの期間での説明をしても
納得してない表情をされるばかりでした。
貴重な面接時間がその説明で終わるなんてもったいないし
それより経験をどう活かせるかを話したいと思い、
ブランクのの説明を自己PRに書くことにしました。
職務経歴書の自己PRにも書いてます。
「知人のつてで不定期のアルバイト」ってだけなんですけどね。

私は転職サイトでの応募なので、応募先企業は必ず自己PRを読むと思って。
アルバイトでパソコンのスキルを活かしているとか、
取引先や顧客との対応をしていて社会性があるとか
そう思ってもらえるように書いています。

ブランクがあると困るって企業だったらもう不採用でいいです。
変えようがない事実ですから。
何時に寝て何時に起きてるとか聞かれたら…困りますね。
聞かれたくないですね。

何度か面接を受けて、毎回質問されるポイントがつっこみ所なんだなとわかってきたので
レジュメを見直して、わかりにくい部分は書き直して
聞かれたい質問に持っていけるようにどんどん変えていってます。

何もできない日はネットでレジュメの例文を探し集めて
それを見本に恥ずかしいくらい大げさでやる気のある自己PRを作ってみたり、
それを直しつつ自分の書類にしたりしてたら、
これ使ったらどう効果があるか見たい…とか思えてきたりします。

私自身さぼってるなあって時の方が多いのに
偉そうに書いてすみません。
やる気ないのはみんな同じですよ。たぶん。
それでもいい求人を逃すのはもったいないからまず応募です。
お互いがんばりましょう。

39歳ってうらやましいです。
40代フィルターにかからないのは大きいですよ。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール
45歳。また無職。次行きます。

吉田

Author:吉田

カウンター
ブログランキング
ビジネス・経済本