スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

終わりました

仕事終わりました。
というか、会社員生活が終わりました。

大変やったー。
書きたいー全部書きたいけど書かれへんー。
やることやって無事引き継ぎはできた。
最終日がまた大変で走りまわったから今も足痛いわ。


前回の記事ではコメントをたくさんいただきました。
ありがとうございます。
お返事できなくて本当に申し訳ありません。

自分で言い表せない気持ちを代弁してくださってたりして、
なんて皆さんかしこいんやろ…思いやりあるんやろ…
私こんないっぱい友達おったっけ?って思いながら読みました。

このブログは仕事が落ち着いたら閉じようと思ってました。
仕事落ち着くどころかなくなったのですが…。
でもまた前のように続ける…かどうかはちょっとわからないです。

更新を期待してくださる言葉とか
他のブログはやってないのですかって質問もいただいたりして
すごくうれしいのですが、
今はその気力があんまりないなって感じです。
日記ブログもやってないです。すみません。


で、会社の話。
出勤は12月で終わりやけど、1月分まで給与は出る。
解雇予告手当みたいなものかと思う。
その間に仕事探せと。
そんな簡単に見つかるか!!


まだ仕事終わりって言われる前、
別部署チームからランチに誘ってもらって
社内の裏事情とか人間関係について知った。

別部署の人達はそんなに仕事なくて暇を持て余すこともあるらしい。
私は毎日必死やったから、部署が違うとそんな違うのかとびっくりした。

あと社長がワンマンな会社かと思ってたけど
(私の)指導役の人の意見だけを尊重してて
ルールはその人が決めるので指導役帝国になってるとか。

そのときは、私が別部署と社長派(指導役とその崇拝者)の間に入れば
いろいろうまくいくんやないかとか思ってんけどな。


みんなに慕われてて仕事もできる人が退職することになって
別部署主催の送別会に、歓迎会も兼ねて、と招待してもらったんやけど、
私も送別会になってもーて苦笑いやったわ。
でもいい店でおいしいものをご馳走になっていい思い出になった。


別部署の女性とアドレスを交換したのでお礼のメールをしたら、
「腐った会社でごめんなさい」「私の部下ならこうはさせなかったのに」と
すごく真剣な謝罪の返事が来た。

私腐った会社とまでは思ってないよう。
まあ社長がすごいけど。

出張中でもメールとかSkypeとかすごい勢いで来て、
メールだけで20通以上返事せなあかんかったけど。

印刷会社とか建築会社とか業者の方への対応がひどくて
校正の締め切りを伝えたら「金払うんはこっちや」言われて
(だからやり直しは何度でもすべきやということ)
度を越えたやり直しをお願いするのが申し訳なくてつらかったけど。

指導役の人によると、
そこまでやって土壇場でやっぱりやめる、いらん、とかあるらしい。
そんなん許されるのか。

私がいる間は幸いそれはなかった。
けど散々やり直してできたものを
気に入らん、センスがない、と社長と指導役でこきおろしてるのを聞くのはつらかった。
紙も書体もレイアウトも全部指示した通りやのに。

友人知人にデザインとか印刷とか物作りの人達がいるので
そっち側の気持ちになってしまってなんか内心泣きそうになった。

最終日は士業の方との接待ランチがあって
社長はその方にこれから手がける事業についてずっと語ってた。
居辛いけどまああと数時間やしと平気な顔してたら
その後で「こんな会社じゃなくてもっといい会社に入ってください」とか言われて
なんやそれって言いそうになった。

結局、仕事が終わった理由って
会社が移転して、その手続きとか作業とかほぼ全てを担当してたんやけど
移転と手続きが全部済んだからもういらんわってなったような気がするねんな。

何があかんかったのかって反省したり挽回できないのかとか
1週間くらいはずっと考えててんけどな。
いろんな話聞いて、自分でも目の前で見てきて
今はそんな気がする。


送別会の時、別部署で一番上の人に
「でもね、この結果でよかったのかもしれないよ」って言われた。
この言葉は前回のコメントでもいくつかいただいた。
私も今はそう思ってる。
なんでって言われても難しいけどね。

あと、落ち込んでると思われての優しいお言葉も多くもらったけど
全然落ち込んでないんです。
その辺が、この結果でよかったとの気持ちにもつながっている感じ。
ほんま行ってみなわからんよな。

年間休日数120日以上、土日祝休みはよかったけど
待遇がよくてもそれでいいとはならんねんな。
そのバランスって個々の感覚やし、誰かによくても自分にいいとは限らん。難しいな。

ほんま何かあるたび、
自分の感覚やこれが正しいって常識を
人に当てはめることはでけへんなと思う。

そうは言うても生活していかなあかんから
収入を得る道をまた探さな。




コメントのお礼とちょっとした報告のつもりが長くなりました。

コメント欄はもう閉じるつもりでしたが
考え中なので今はそのまま置いてます。
コメントいただいても公開はしません。
お返事もできません。申し訳ありません。







転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?




テーマ : ひとりごと
ジャンル : 就職・お仕事

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール
45歳。また無職。次行きます。

吉田

Author:吉田

カウンター
ブログランキング
ビジネス・経済本
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。