スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

面接6社目

面接6社目。
行ってみたらテストあった。
マークシート式のやつ。
これ好き。なんかパズルみたいで。
まあまあ出来たと思う。

今まで面接でテストはいろいろあったけど、一番焦った問題は
今日の円相場は1ドル何円か?やったわ。
そんなん気にしたことない!
その日以降、面接の時にはその日の円が何ドルか確認してから行ってたけど
それっきりその問題を出されたことはない。








テストの他に志望動機とかいろいろ書く紙もあった。
で、面接担当の男性はWEBのレジュメをちゃんと読んでくれてはったようで
派遣はいいとして正社員の仕事での離職理由は?と全部聞かれた。
あとはフットワークが軽いかとかスポーツはやってるかとか。

求人ではパソコンのスキルがある人を求めてる感じで
正社員とアルバイトと雇用形態が選べた。
正社員は休みちょっと少なそうで、アルバイトは土日祝休み。(さらに休みたい曜日あってもいいらしい)
いつも働きすぎてへとへとなるから今は休み重視でアルバイトを選んだんやけど、
よう読んでたら仕事内容同じやのに待遇が全然ちゃうかった。
もしこの会社の雰囲気がよければ休み少なくてもいいかも…と思い、
応募時と違って正社員志望でもいいのか聞いてみた。

そしたら、会社としては正社員アルバイト1名ずつ採るつもりやったけど
人件費がかかるのも厳しいのでアルバイト2名でとも考えている、
会社にとってなくてはならない存在になったら
正社員の話をするってことでもいいか?と言われた。

アルバイトで認められて正社員っていうのはまあある話やとも思うし
正社員をエサに年収200万で便利に使い続けるかも…とも思える。
何年後に正社員の話があるって決まってなくてもいいもんなんかなあ。
その場ではいいですって言うたけどな。

なくてはならない存在ってみんなそうとちゃうの?
アルバイトでも正社員と変わらん仕事を任せるつもりやったらそう思えるんやけど。


社員は女性が多く、年上の人を結構見かけた。
応接室の隣の部屋で電話してる女性の声もよう聞こえてきたけどたぶん60代くらい。
役員の人かなあ。
今までの会社に50代の女性はいたけどそんな人数多いところはなかったので
うまくやれるのか、お局様みたいにややこしいのか判断つけづらい。
でもお局様いますか?なんて聞かれへんし、
社員の方は勤続年数長いのでしょうかって聞いてみた。
面接担当の方は20年いるらしい。他にもそれくらいの人が数人いて
短い社員でも3年らしい。長く勤めてる人が多いってことかな。

あと、求人にあった仕事以外に実はこの仕事をお願いしたいんです、って
また求人にない話出てきた。
でもデスクワークって書いといてショップ店員、くらいに離れた仕事やなくて
求人に書いても別に印象悪いとかないのに…って仕事やった。
私はあんまり興味なかった仕事で求人とはちょっと印象変わったけど。


なぜどの会社も本当に頼みたい仕事を求人に書けへんのか。
なんなん?ほんまのこと書いたら会社つぶれるん?
なんでそこまで真実を曲げるん?
媒体がそれは伏せましょうって言うてるわけ?
もう「求人は100%信用するな」ってことなんやろな。
こっちは個人情報丸出しやのにな。


面接の感触はようわからんかったし
次に進めるかも全然読めへんから
この会社についてはこれ以上はもう考えへん。
次の面接を決めようと思う。






テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

Tag:面接  Trackback:0 comment:4 

Comment

Aya URL|
#- 2015.05.20 Wed21:16
こんばんわ 初コメです。 
shijimiさんは、デスクワークのみの仕事をお探しでしょうか?

私が前に勤めていた会社が、求人票と違う内容の仕事でした。 
違いが我慢できる範囲内だったんで頑張って勤めましたが・・・

一般事務と求人票には記載でしたが、実際には、肉体労働的な事(商品の梱包や発送作業、都心なので、電車や徒歩での近場の取引先への商品の配達など・・・)がありました。
ただ、デスクワークもあるので完全な嘘ではないのですよね。

私の後に入ってきた方も、違うってほとんどの人が言いましたよ
すぐに辞める人もいれば、頑張る人もいました。
私と、他の同期入社数名も数年間頑張りました。

その頑張る人を企業は探しているのです。

採用する側からすると、求人票と違う内容の仕事についての罪の意識はないようです。

イヤなら辞めればいいって感じです。代わりはいくらでもいるよ・・・みたいな

実際に、求人を出すと事務と記載があるので応募してくる人は必ずいます。

20代から30代前半ならまだしも、きれいなオフィスでのデスクワークのみの仕事はなかなか見つからないと思いますよ。



shijimi URL|Aya様
#- 2015.05.21 Thu16:38
私も求人票との違いは多少はあるとは思っています。
「違いが納得できる範囲」ではなかったのです。

「デスクワークで入社→梱包作業や肉体労働もあり」は私も経験してきました。
自社で在庫を持つところだとほとんどですね。
毎日梱包しダンボールを運び、商品を入庫、等は一通りやってます。
梱包は得意なくらいです。

ですが、今は長時間の立ち仕事と重いものを持つ作業は
通院する結果になり続けられないとわかっているので避けています。
「昼休憩以外ずっと立ち仕事」は無理ですが、短時間なら可能です。
その範囲を面接で伺っている感じですね。

コメントされている通りだと思います。
私の書き方だと、デスクワーク以外したくない、きたない会社もいや、と
自分の立場も理解せずわがままを言っているように見えるだろうと思っていました。
できること、できないことで最初からわかっていることは
お互いすりあわせておく方が良いと思い、こういう記事になりました。
求人票と実際の仕事が違うことはもう普通だと考えておいたほうがいいですね。
コメントありがとうございます。
asari URL|
#ncVW9ZjY Edit  2015.05.21 Thu22:57
今年の春に再就職をした44歳です。

こちらのブログは再就職後に知ったのですが、
『あるあるー!』『やっぱりそういう会社もあるのか…』などと
転職活動中の頃を振り返ったりしつつ、同世代が置かれる就職状況に
少しでも明るい兆しが見られて欲しいー!という思いと共に、
少し前までの自分に身を重ねて一喜一憂しながら拝見させて頂いています。

私には、shijimiさんが特にわがままを言っていたり、
より好みをしているようには見えません。

誰でも仕事に就くときは、『長く頑張りたい』と思うものだと思います。

ただ、最初に気になった何かかしらの小さなほころびが、いざ入社してみると、
どんどん大きくなっていったり、いくつも増えてしまったり。

そのほころびの状況を我慢しながら頑張って行ける人間もいる一方で、
我慢できない人間は辞めざるを得なかったり(←私です)。

転職を重ね、自分が妥協してはいけなかったもの(ほころびの部分)、
譲れないものがはっきり見えてきたこの年齢だからこそ、
もう失敗したくない、転職したくない。

長く働いて行きたいがために、その小さなほころびを見て見ぬふり
できなかったりすることもあると思います。

ちなみに、私は、『いやなら辞めれば? 代わりならいくらでもいる~』と
思っていたり、そんな人遣いをするような企業はまっぴらごめんですし、
例えどんなに仕事がゆるくて、給与が良くても嫌です、笑。

shijimiさんの譲れない部分は譲らないままに、頭数としてではなく、
『この仕事はsijhimiさんじゃなきゃ。代わりなんていないよ!』と
shijimiさんを評価してくれる職場にたどり着けることを祈っています。
shijimi URL|asari様
#- 2015.05.22 Fri18:27
asariさんは仕事が決まった方なんですね。
おめでとうございます!
同年代を応援してくださる方がいるのが嬉しいです。

こんなにも就職活動は厳しいのですから、またやりたいって人は多分いないですよね。
これを最後の仕事に!と思って入社したら、
仰るようにほころびがえらいことに…。
思い当たることだらけです。

就職活動はもう最後にしたいからこそ
気になるところも納得して決めたいと思っています。

その気になるところもやり方も人の数だけあると思っているので、
自分もそうです、と言われたり、それはどうなの?と指摘されることで
この点はもう少し考えてみよう、とか
自分自身では思いつかなかったことを考えるきっかけをもらえます。

代わりなんていないよって言われるようなところに行きたいですね。
読んでいて本当に嬉しかったです。

同年代で仕事を決められた方には勇気をもらえます。
asari様に続きたいです。あやかりたい!
コメントありがとうございます。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール
45歳。また無職。次行きます。

吉田

Author:吉田

カウンター
ブログランキング
ビジネス・経済本
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。