面接

今日は先日応募したE社の面接でした。
なのにこの冬一番!みたいな寒さ。
普段ぬくぬくと引きこもっている身からするととても厳しかったです。



目的地に着いたのが面接時間の30分前。
そのビルのエントランスに入ってみたけれども自動ドアで仕切られてるだけで暖房は入ってない。
すぐ近くのコンビニに逃げ込んでみてもそこも空調いまいち。寒い。そして居づらい。
仕方なくガタガタ震えながらエントランスで10分前まで耐えた。

そしてやっと会社に伺い、社員の女性に案内され会議室のような部屋で待ってた。
そうしたらまた社員の人と案内された女性が入ってきた。
集団面接やったのか。
時間直前にももう1人来られたので3人での集団面接らしい。

営業を束ねる立場の男性が面接官。
会社の説明等を詳しくされるけれども、「仕事は厳しい」を連呼。
「帰る時間が遅いかも」「残業代は出ない」も強調されてたように思う。
まあ「営業部=残業手当はない」やとは思ってるけどね。

そして、それぞれ経歴とどんな性格か、強み等を話してくださいと言われた。
採用側でもない人の前で昔の勤務先名とか個人情報を話さなあかんのって、
この場合しゃーないねんけどもなんかなあ…って思う。
集団面接やと複数人数やから時間かかることもあって、細かい追求が減るっていうメリットもあるねんけど。
できれば面接が終わったらその部分の記憶を削除していただきたい。私も削除するので。

判明したことは、あとの2人が29歳ってこと。
10歳下。若い。29歳って20代やないですか。
35歳までを希望って求人にもなんにでも応募できる夢のような年齢。


面接官の人は年齢とか経験年数とかそういうものには全く触れず、仕事へのスタンス重視やったように思う。
そして私にはクリエイティブな仕事が多かったようなので物足りなくないか、とか
他部署が合ってるかも、とか制作にあたる他部署に勧める話が多かった。

実際クリエイティブって言い切られへんねんけどなあ。そっちに持ってってほしくない。
営業サポートの延長って言うたほうがわかりやすいのに。
その辺の説明はやんわりしといたけれども。

だって、クリエイティブな仕事の知人から、私の今までの仕事はクリエイティブやと思われてなかったからね。
制作のみの部署からしたらスキル不足って言われるやろし。



面接を受けながらもちょっと気になるのが勤務時間。(10:00~19:00)
実際、営業アシスタントの方は20:00とかで退社されてるらしい。

今までの仕事で考えたら、帰られへんとか終電とかめっちゃあったけれども、
仕事の段取りつけて18:30までに帰れる日もあるからこそ遅い日があっても平気やったわけで、
確実に毎日遅いって思うと気持ちがちょっとどんよりする。
通勤時間が自宅から1時間ちょっとってこともあるし。

あと説明されて知ったけれどもベンチャー企業らしい。
そんなん募集に書いてなかった。
そして募集に対して応募がすごく来た言うてはったけれども70人くらいとのこと。
面接するのは15人程らしい。

面接は1時間くらいでそつなく終われた気がするけれども、
応募したのと違う部署に勧めるならその部署の人との面談の時間も取ってほしいと思った。
こういう経験がって伝聞で過大評価でもされたらお互い困るからね。


面接が終わって、エレベーターの中で今日寒いですね、みたいに話しかけてみた。
2人とも話しやすくいい人そう。おまけに美人やった。
梅田まで一緒に電車に乗って帰った人とも応募が少ないよねって話になった。
その人が他に受けてるところでも応募は150人とかが普通らしい。
なんでやろ。商材の違いかな。勤務地かな。


今日面接って知った友人知人からいい結果になればいいねとかそういう言葉をいくつかもらった。
でもこの会社に採用になったらうれしいのかどうか自分でもちょっと決めかねてる。


せっかくなので梅田でギャラリー見たりバレンタインデーの催事場をはしごして帰りました。
チョコレートを何十種ってくらい試食さしてもらった。おいしかった。
今年も義理チョコ渡さんでいいから気楽。
テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

Tag:面接  Trackback:0 comment:2 

Comment

面接の特技 URL|No title
#- 2012.02.20 Mon16:17
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
shijimi3割引 URL|Re: No title
#- 2012.02.23 Thu19:21
魅力的でしたか。
ありがとうございます。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール
45歳。また無職。次行きます。

吉田

Author:吉田

カウンター
ブログランキング
ビジネス・経済本