スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

志望動機

これといった活動ができてない。
ハローワーク行ったけど…くらいのネタしかないし。
就職活動の参考になるようなことを探してみた。







辞めた会社は
常にどっかの媒体で求人出してた。

転職サイトから応募したら志望動機の欄があるけど、
応募者の志望動機は空白の人が多かった。
あっても、
「(業務内容コピー)して急成長されている、御社の事業内容にとても惹かれて志望しました。」
みたいな感じで、↑これは今検索してマイナビの例文コピーそのまましてきてんけど
大体こんな感じ。

辞めた会社は社長が応募者の情報を一切見ていなかった。
面接での印象で決めてた。

とりあえず全員呼ぶよう言われてたからほぼ全員呼んでた。
職務経歴さえ書いてない(名前や住所のみ)の人まで呼んだ。
社長が言うからしゃーなく。

面接に進めるかどうかの段階では、志望動機の有無より
面接日時を決めたりするメールの方が印象を左右していた。

ほぼ全員面接に呼んだけど、この人も面接でいいんですか?と私が聞くのは
ここの部分でひっかかった場合。

一緒に働きたくない人は面接日時を決める時点で失礼な文面が多い。
ネットにある例文をコピーペーストして日付だけ変えればいいわけやから
完全にわかる訳ではないねんけど、
メールであれ?って思う人は実際来社時からああやっぱりって納得することがある。


まだ日時の連絡もしていないのに、
何月何日面接の予定でしたが都合が悪くなったので変更してください!と
やり取りしたと思い込んで連絡してくる人とか

面接直前に辞退したけど
再応募するからもう一回面接の時間を決めろって人とか

メールで連絡していることを全然読まず同じことをそのまま質問してくる人とか

今まで細心の注意を払って気を遣って就職活動をしてきた自分が
ばからしくなるくらいの人達がたくさんいた。
社長にどうしますか?て聞いたら呼んでって絶対言うから
面接には来てもらってたけど。


こういう会社もあるから、
もうそこまで気遣わず気楽にやってもいいんやなと思った。

面接に呼ばれたら、
そこでは自分の言葉で何ができるか言うたら
あとは合うか合わへんか。



辞めた会社が誰でも面接するのは
入社したらすごい仕事振りで会社を変えてくれるって社長の期待があったんやと思う。
スーパーマン待ち。

そんなすごい人はもっと条件のいい会社に行くのにな。
求人の件では何度も意見を言ってきたけど、一向に聞いてもらえないので諦めた。


他のことに関してもまっとうな理由を言っても聞き入れてもらえないので
もう勝手にしたらいいわ…って社長の言うまま無駄に経費を使い続けた。
求人ってほんまお金かかる。
40万とか何十万とかいくらでもかかる。
年間のこのお金を社員数で割ったら少な目の(月収2ヶ月ないくらい?)賞与になったのにね。



あ、志望動機は絶対空白でも大丈夫ってことではない。
私は書いたほうがいいと思う。
採用基準はあくまで辞めた会社の場合です。



そういえば、募集の度に応募してくる人おった。
この名前見覚えある…と調べたら面接に来て不採用となった人。
社長にどうするか聞いたら呼んでっていうから連絡して日時決めた。
(呼ぶか?って思うけど)
その人は面接当日連絡もなく来なかった。
落ちた会社やって気付いたんかな。

そしてその次に募集した時も応募してきた。
正直あきれた。
とりあえず条件合うやつ毎回全部応募してはるんやろな。

前の私もそうやったけど
冷静な応募マシーンと化してるんやろな。
(私は同じ会社には応募してへんけど)
そういう人もおるんやからもっと気楽に応募していいと思う。




採用される履歴書・職務経歴書はこう書く<実例付き>

新品価格
¥1,404から
(2017/4/4 03:33時点)






テーマ : 今は無職だけど・・・。
ジャンル : 就職・お仕事

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール
45歳。また無職。次行きます。

吉田

Author:吉田

カウンター
ブログランキング
ビジネス・経済本
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。