登校日

職業訓練校の登校日に行って来た話。

事前に、何社応募したか、
どんな職種に応募してるか、
就職活動の悩み?みたいなことをメールで聞かれてた。

修了してから同じことばっかり聞かれてる。








登校日、久しぶりの学校に着いたら
3つのクラスの人達がクラス別に別れて座るよう指示された。
私のクラスは私含めて5人。
あと1人今日は休むって知ってるから6人だけか。

みんな仕事決まったのか…と気持ちがちょっと重くなる。
全然応募してない人と応募するところがない!と言ってる人と
めっちゃ応募してる私だけかー。

ほんで何するんか思ったら
これまでの好きなことや特技から自己PRを作るみたいな
配られたプリントをそのまま読むだけみたいな授業を1時間以上。
自己PRきっちり作り上げてどんどん応募していくように!って話やな。

結構苦痛やった。
就職活動能力の授業とほぼ同じやし。

ほんでアンケートを書く。
何社応募とか職種とか、敗因?とか。
それをコピーして返された。
別に返していらんねんけど、これまでも全部こういうのはコピー取って返された。
そういうルールなのか。
コピーは大阪府に提出される。
大阪府の職業訓練やしな。

敗因のひとつに「年齢」って書いた。
その対策には「年はごまかせないので他でメリットをアピール」とか書いた。

職業訓練では知りたかったことが学べたから行ってよかった。
どうしても大人数とコミュニケーションを取らなあかんから
その辺うまくやるのも久々に鍛えられた感じがしてる。
会社の人間関係とはまた違うし。
今後も仲良くしていきたい友人もできた。

なかなか決まれへんよなって言い合えるのは心強かったけど
みんなが決まると焦るな。
それを励みにとか先生は言うてはったけど。

この登校日のシステムもうまいかも。
だってもう行きたくないからね。
行きたくないから就職活動がんばるし。


初めてみた先生がいてはって、応募するところがないと憤る人に
どういう仕事がいいんですか?と聞いて
学校でも探して連絡しますて言うてた。

そこまでしてくれるのか。
応募先まで探すのか。
お母さんか。

最初は職業訓練ってパソコンとかビジネスマナーとか
そういうの全然でけへん人が行くのかなと思ってた。
Wordもほとんど使われへんみたいな。
そうでもなかった。

友人達が勧めてくれたみたいに私も人に勧める。
でも就職活動は自分でがんばらなあかんねんで…。


自分の行ってたところ以外のキャリアコンサルの先生に書類を厳しく見てもらいたいなー。
先月の就職フェアで、まあまあ都会校の先生のアドバイスで書類変えたら
面接の連絡が来るようになってきた。
1番の都会校の先生はどなたかしら…。





新版 「職業訓練」150%トコトン活用術 (DO BOOKS)

新品価格
¥1,728から
(2017/10/4 18:39時点)


テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール
45歳。また無職。次行きます。

吉田

Author:吉田

カウンター
ブログランキング
ビジネス・経済本