お祈り

先週面接に行ったR社からお祈りメールが来てました。

この会社に決まったら帰るの遅すぎるしどうしようとか悩んだ時間がむなしい。


文面の${user}様って誰かしら。
宛名は私宛なんですが。

----------------------
※※ 様

この度は弊社の面接にお越しいただきましてありがとうございました。

早速、${user}様につきまして慎重に選考いたしましたところ、
誠に遺憾ながら採用を見合わせていただくことになりました。
わざわざおいでいただきながら、誠に不本意な結果でございますが、
あしからずご了承くださいますようお願い申し上げます。

末筆になりますが、${user}様の今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。
----------------------

お祈りメールってこんなエラーみたいな名前で送られてくることが多い。
それを見る度に、
向こうからは名前すらどうでもいい${user}のうちの一人なんやろなあと急激に冷めていきます。
そして冷めた後に交通費返せ!って怒りが沸いてきます。

対応がちょっとでも失礼やと怒りが沸きます。
気持ちの持って行きようがないから。

身近な商品を扱う会社の場合、そこの商品はもう買わんって思ったりもします。
実際、以前に失礼な対応をされた会社のお店には今でも行きません。
なんか嫌いになってしまいました。


これで応募したのは全部落ちました。
またやり直し。
普通に働きたいだけなんですが。
普通って難しいです。普通にすらなれません。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 就職・お仕事

Tag:不採用  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール
45歳。また無職。次行きます。

吉田

Author:吉田

カウンター
ブログランキング
ビジネス・経済本