面接4社目

面接4社目。
ここは面接3社目と同じ日に面接にしてもらった。
夕方から面接。
場所は前職場の結構近く。
定時は過ぎているけど社員は結構いた。

待遇は、給与少なめ、勤続年数の条件はあるけど長期休暇が取れる、
勤務時間は開始終了ともに前職より1時間半早め。
めっちゃ早い。終業時間早いからその分残業あったら困るな。






案内された会議室の半分はおしゃれな家具の店とかショールームみたいやった。
業種はインテリア関連とかでもない。
社員のための休憩室なんやろうか。ようわからん。

席の前には真面目そうな男性と、その横に三脚にセットされたビデオカメラ。
???
これはもう撮影されてるのか?
めっちゃ気になる。カメラは完全にこっち向いてるし。

書類を渡すと、言った言ってない等の行き違いがあるといけないから撮影してもいいかと聞かれた。
正直言うと嫌やった。
後から見返されるのも嫌やし、動画を保存されてるっていうのも嫌。
見るのも保存するのもオフラインのPCからのみではないやろ。
業種的にはネットとか詳しくなさそうやし、データ流出せえへん保障ある?
流出させません選考後完全に削除しますって書類交わすぐらいのことちゃうの…て
一瞬の間にいろいろ考えたけど、嫌ともいえず撮影を了承した。
こんなん嫌って言える人おるん?

面接担当の男性はとても厳しかった。
久しぶりやなーこういうの。
最近は個人情報について厳しいから、立ち入ったことにに対してはものすごく気を遣って、
答えたくないなら答えなくても大丈夫です、ってところも増えてたから。
昭和の雰囲気もちょっと感じるなー。
途中からちょうど会社にいるから…と社長も参加した。

面接は、質問に答えると「揚げ足を取るようですが…」「重箱の角をつつくようですが…」と
答えたことに対して意地悪な方向でさらに質問をされた。
全て答えたけど、なんか違うなあって気がしてきた。
違うのは会社との相性とか方向性とかそういうの。

そして社長から「あなたは直感で決めているのか?」「経歴を見る限り広告とか美容とか華やかなものばかり選んでる」と言われた。
確かに直感は重視している。
でも、前職が広告にも関わったいうても仕事の一部で、そもそも広告代理店でもないし華やかな仕事では全くないし業種で選んでもない。
前にいた美容関連の仕事も仕事内容で選んで、実際華やかどころか男尊女卑で昭和な社風やったし。

しっかり説明したつもりやけど、広告や美容=華やかなものを選んでいると言われてしまうのは、私の書類の作り方にもそう見えてしまう点があったかとその時思った。
でも家にも帰れずごはんも食べられず必死で仕事してきたことも
ただ「華やかな仕事を選んだから」と言われるならもうええわ…とも内心思った。

3社目の面接は和やかやったのでその後気分よく会社を出られたけど、
この4社目の後はちょっと嫌な気持ちで会社を出た。

そしてやっぱり不採用となった。

いくら書類を工夫できても前職や昔の仕事の業種を変えることはでけへんからなあ。
広告の印刷やとか広告を入れる枠や看板を作ってるとか、広告に関わるいうても丁寧に地道に一生懸命仕事してる人いっぱいてますよ…。
全く違う業種ってこういうこともあるなあ。

まあ華やかな仕事を選んでると思われたことが理由やなくて、
直感を重視するのは堅実と見られなくて社風と合わないってことかもしれへんし年齢かもしれへんし。
私も合わんと思うからまあこれでよかった。

不採用の連絡はメールで書類は返却されてなくて
メールに「書類と動画のデータは責任を持って破棄する」等の記載もなかったけど、
確認したほうがいいのかと今もちょっと思ってる。

面接の達人2019 バイブル版 (MENTATSU)

新品価格
¥1,296から
(2018/4/8 22:34時点)







テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

Tag:面接  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール
45歳。また無職。次行きます。

吉田

Author:吉田

カウンター
ブログランキング
ビジネス・経済本