面接予定

3/21応募したJ社から面接の案内が来た。
J社の募集を営業事務って書いたけど、実際は内勤営業。
経験ないしまわりにも内勤営業って職種の人おらんからいまいちイメージはできんけど、
メールに「経歴を見て弊社の募集内容に近いと判断した」ってあったことからも営業事務とか営業サポートに近いかなと。
希望日時のやりとりをして来週面接に決まった。

他の4社からは連絡なし。

※追記
 これアップした後D社とA社からコピペお祈りメールが来た。社名以外ほぼ同じ内容。
 なので連絡なしは2社。



今日ポストに以前の本命、T社からの封筒が。
履歴書に職務経歴書をはさんで三つ折り送り状なし。もうとっくにお祈りはされてるし。
雨で水性ペンの宛名が流れてホラー。もしくは涙。(マスカラ流れてるイメージ)

雨の日に履歴書返却の封筒受け取ること結構あるかも。
湿った履歴書って気分のいいものではない。

これは送るときにも気をつけなあかんのでは。
水性ペンとか絶対なしでしょう。
クリアファイルにはさんで送るから多少の雨は大丈夫やと思うけど、完全密封ではない。

もうパウチして送りたい。雨でも安心。
そして不採用の際にはそのまま折らず返却してもらいたい。
毎回パウチは環境に悪いから履歴書日付は年号のみで。
もう面接も履歴書パウチ持参でその場でコピーしてコピーを預かってくれればいいのに。
面接後不採用ならコピーはシュレッダー行きで。

こんなに世界がエコロジーだのなんだの言うといて、企業も環境に配慮してるアピールしまくってんのに、
なんで履歴書は毎回使い捨てなんや。もったいない。職務経歴書も。
返却の際に封筒も使うし郵送にもガソリンとかなんとかもかかってるしエコロジーじゃないし
返却なしでも人の経歴を裏紙として使うのはなんかいややから破棄するだけやし。

結論。
就職活動はエコロジーじゃない。
環境破壊につながってる。

履歴書のすみっこに小さく「リサイクルペーパーを使用しております」ってあっても
私はコンビニでA3でコピーして使ってるからね。
そうや、この履歴書、元は就職支援センターの担当者の人にもらったんやった。
修正液でよごれみたいな点々を全部消してきれいにコピーしたのを原本としてずっと使ってる。

就職活動はデータで職務経歴書を事前に送付してそれを見て選考すればいいのにな。
直筆が見たければ面接時に志望動機とか書かせたらいい。

暇やからいらんことばっかり考えてしまうので書いてみた。
活動の記録だけやと書くことがそんなにないのですよ。




あるお誘いを経済的理由からお断りしたら
そんなに貧乏なのかと聞かれた。
無職に至るごたごたも知る人やけれども
「落ちてばかり、仕事が決まらない」「働いたらいい」「働きたいです」「働きなさい」
のやりとりに地味に傷つく。

休みや勤務時間や勤務地や職種が希望ではなくても選ばず職に就けという意味なのだと思う。
働きたいと言いながら職に就いてないことを腹立たしく思ってることもわかってる。
だからもう返信は止めた。

いろいろ考える時間がいっぱいあるけど、
なにを考えても、結局は「人それぞれ」すぎてわからん。
事情も考えも持っているものも経験もそれぞれ違う。

就職活動って本当に孤独な戦いやと思う。
私は最近は人に言う気もなくなってきて、ここにだけ気持ちをぶつけてる。

ここも、もうちょっと感情まるだしでぶつけて書こうかなとも思うけど、
数年前の就職活動時より年いったせいか、そこまでの怒りとか憤りが減ってきた。
ちょっと残念でもある。あの感情の起伏が懐かしいような。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 就職・お仕事

Tag:就職活動  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール
45歳。また無職。次行きます。

吉田

Author:吉田

カウンター
ブログランキング
ビジネス・経済本