面接

昨日はJ社の面接。
直線距離では割と近いのに電車やと乗り換えが2回で非常にめんどくさい。
しかもぼーっとしてて降りそびれ、遠回りで行くことに。(時間は余裕持ってたので大丈夫)


J社に到着。靴脱いで来客用スリッパに履き替える方式。
工場や作業場の上の階が事務所の場合、こういうスリッパ履き替え式多いよね。

面接官は営業部の男性。30代前半で細身のスーツ。
話してたら、内勤営業に応募したつもりが、採りたいのは普通の営業の募集らしい。
ちょっと思ってたのと違うかも。

営業の仕事、そこまで敬遠はしていない。経験は全くないけど。
ただ、おそろしく数字が苦手。
昔から、勉強しても数学だけはあまりにできなくて、だから文系か美術の方向に進もうと思った。

なので今日の面接でもそうやったけど、利率とか数字の話になるとほんまにわからん。
そんなんで営業ってできるもんなん。
ちょっとはやることがあってもいいと思うけど、営業だけとなると数字が重くのしかかる。
ずっと続けていけるように思えない。

それから、今までに作ったものとかないですか?と聞かれた。
募集はしてないけれども企画の部署があるんですよね、そこにもまわそうかなと思ってと言われた。

企画等に関わる仕事のときと営業事務等の仕事の応募のときとで経歴書を使い分けてる。
今回はクリエイティブとか求められてないと思ったので、営業事務用の書類で、
反応がなさそうでもいつも持って行く“今まで作った販促物のポートフォリオ”も持ってきてなかった。

この3日程、花粉症がひどくて、それに囚われて頭ぼんやりでポートフォリオのことさえ忘れてた。
うっかりしてた。完全に自分のミス。
経歴書に販促物の見本として小さくjpegは貼り付けてるけれど…。しまったなあ。


面接は35~40分くらいで終了。
聞いてみたらやっぱり応募はかなり来たらしい。たぶん100人ちょっとくらい。

帰って募集内容見てみた。やっぱり普通に営業の募集には見えなかった。
絶対イヤ!ではないけど、是非やりたい!ほどでもないなあ。通勤も面倒。
就職活動生活をもう二度としたくないので、気楽に挑戦したいとかなかなか思えない。
これってよくないことなんかもなあ。だいぶ先の不安のために目の前のことに挑戦していけない。
どうしたらいいかわからんわ。


そうそう、J社と同じ日に応募したT社からもお祈りが。マイナビ定型お祈りメール。
あと全く連絡がないのはR社。連絡ないのが不安。
商社に話が伝わるくらいならもうさっさと落としてくれていい。

テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

Tag:面接  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール
45歳。また無職。次行きます。

吉田

Author:吉田

カウンター
ブログランキング
ビジネス・経済本