お祈り

3/27に面接受けたJ社からお祈り通知が届いた。
大きい封筒で妙にヘロヘロくしゃくしゃで届いた。

早い。これって面接の次の日には投函してるよね。
私が面接の記事をちまちま推敲してる間に、
とっくに履歴書ごと返却されて配達の人の手に渡ってるとか、ちょっと苦笑い。




なんやねんもう。
わかってたら無駄なこと書き散らさんでもよかったのに。

思ってた職種と違ってたことやし落ちても別によかった。
ただ3つの路線分の交通費合計940円がもったいなかった。
言うても無理やとはわかってるけど。
交通費全部実費自分持ちの応募側はつらいのですよ。


希望の職種とか詳しくは聞いてないけれども、同じように前から面接受けたりしていた知人が
同じ日に面接を受けてた会社に採用になったらしい。
ひとつ年上の40歳の女性で、面倒見がよく行動力があって社交的。
縁があれば決まるから、みたいなことを言うてはった。
なんか納得。
縁がありそうって思った会社、受けた中では2社くらいあったかな。
結局落ちてるけど。

そして、知ってる誰かやどこかの会社のつながりでご縁がってことは実際山ほどあるので、
どこにも失礼な態度はとらないでおこう。
と、今なにも関係ないけど思った。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 就職・お仕事

Tag:不採用  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール
45歳。また無職。次行きます。

吉田

Author:吉田

カウンター
ブログランキング
ビジネス・経済本