お祈り連発

先週の面接2社目S社から7/21に
面接1社目K社からと
7/13応募のC社からは今日7/23にお祈りが来た。

厳密に言えばC社は祈ってさえいない。

>書類審査の結果、ご希望には添えませんでした。
>大変申し訳ございません。
>よろしくお願いいたします。

と野暮ったいメールが来ただけ。

スカウトメール来た企業に契約社員について聞いた件も返事来た。
選考は質問をした日に終了したらしい。
それはしゃーないと思う。スカウト来てすぐ質問してないから。
それでもきちんと返答してくれた。
「当社は契約社員で延長をする考えはもっておらず」って書いてた。
そしたら
※契約期間(6ヶ月)満了後、正社員への登用可能性あり
の「可能性あり」は消せばいいのにね。
その一言で躊躇して応募しない求職者はすごく多いと思う。
今まで余程のことがあったんやろか。
けど、契約社員で延長していらんなったらすぐ切ろうとしてる企業ばっかりやないよって言われても
「正社員への登用可能性あり」って書いてあったら私はたぶん今後も応募しない。


先週の面接の疲れがかなりひどくて
ずっと引きずってた。
書いておきたいのに書かれへんかった。
明日まとめる。

別にいちいち内容書かんでもいいことやけど、
なんかどっかに出して発散したい。
出してすっきりして忘れたい。

面接でいやなことがあったわけやなくても、
現実に拒否されてる結果の活動なのでしんどいというか。

就職活動ってほんまにしんどい。
正直逃げたいし世界から消滅したくなる。
悲しむ人がおるからやらんけど。

もう知人が「わーい!週末~」とか喜んで書いてるの見るのさえつらい。
忙しいアピールがつらい。
ちょっと憎くさえなってくる。
自分は忙しくなる権利さえない。

私も昔ほんまに忙しい時期忙しい忙しい言うてた。
別に自慢でもなんでもなくただ言うてた。
でもそれで誰か傷つけていたのかもしれない。
私は今とても苦しいから。
もう今後は言いたくない。黙っとく。
言わんでええことってほんま多いなあと年を経るたびに知る。
テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

Tag:不採用  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール
45歳。また無職。次行きます。

吉田

Author:吉田

カウンター
ブログランキング
ビジネス・経済本