落ちた、そして書類書き

えーと、昨日応募したK社からお祈りメールが来てた。
以前面接に呼んでくれたのはたぶん6年前なので
今はもう市場価値ないねんで、と言われたような気がします。

あの時実はいい結果やってんけどね。
なんか他も受けろとか言われてうやむやになってそのままやったのです。
そんな記録が残っていたのか、それともただ単に年齢ではじかれたのか
年を経ても「わからないまま終わってしまうこと」のなんと多いことか。

前に面接受けて落ちたS社から履歴書が返ってきた。
添え状なしで、大きい封筒で返ってきた。

たまにあるよね、三つ折りにして返してくるとこ。
書類はクリアファイルに入れて大きい封筒で送るので
小さくされるとなんかけちられたようで気ぃ悪いです。

しかしS社の人は油性ペンで宛名を書いてはるようで
封筒の中の履歴書にまでしみてるんですけど…。
書類の裏とかなんかの汚れもついてるし。
なんか素手でさわるのいやなかんじでした。


昨日応募のH社からは、次のステップに進んで頂きたいと思います、と
書類送れメールが来てた。
到着後、書類審査で通った人だけメールで連絡、落ちた人には書類返却と
詳しい予定も書いてくれてはった。

レジュメでの判断と書類での判断って同じやと思うねんけどなあ。
転職サイトでのレジュメの方が、文字数10000字まで入力OKとかで詳しいのにね。

やっぱり履歴書の字や顔写真、送付の基本的なマナーで見るんかなあ。
Webで見ると現実感ないっていうのもあるんかな。

返ってきた薄汚れた書類を参考に、さらに職務経歴書を直して
カバーレター(送り状)も作った。
明日印刷行って郵送しよう。


履歴書は、美しく見せるために
学歴職歴は冒頭から5mmあけるとか
住所は枠線の3mm上に揃えるとかで
鉛筆でいっぱい線引いて後で消して、ってしてるからすごい時間がかかる。

男女や扶養の欄の○付けも、
あらゆるサイズの○が書ける定規をあててきれいに丸してる。
このちまちました努力を買ってほしいものです。

テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

Tag:不採用  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール
45歳。また無職。次行きます。

吉田

Author:吉田

カウンター
ブログランキング
ビジネス・経済本