面接とお祈り

先週は2件面接があった。

WEB系会社事務の面接。
あまり乗り気でなく見える面接官の男性。
仕事内容や待遇について全部きちんと説明をされた。
これ面接毎にやってたらそら情熱も失せるよね…と思う。

事前の準備が万端すぎて気負いすぎたのか、
この面接はなんか空回り。
面接や人と話すことは慣れてると思ったけど、まだまだやった。

休日は週休2日制(土・日、月に1~2回土曜出勤の場合あり)と祝日と書いてあったけど
営業が土曜に出勤しているので営業事務も出勤らしい。
休日は隔週土曜と日祝ってことか。

あとは、以前の年収や子供はいるか等も聞かれた。
独身でもこの年やと子供の有無は聞かれるね。
性格やその他のプライベートについては全く聞かれへんかった。


表現難しい会社(これもWEB系会社)の事務の面接。
この面接は精神を消耗した。

どう読み返しても、営業事務の募集。
実際は、事務の仕事は少し、採用するのは事務もやる営業マンですと言われた。
営業が行けなければ自分が営業に行くとか、テレアポとか、
一週間電話かけ続けても取れなかったらどうとか。

休みも土日祝休み、完全週休二日制、とあったけど違うらしい。
それやったら「休日:日祝」って表示すればいいのに。
掲載と違うことばかりで、間違って違う会社に応募したのかと思う程。
書類と交通費が無駄になった。腹立たしい。

仕事内容も待遇もおかしくないと思うよ、そういう会社あるし。
けど、それをそのまま書いて募集したらいいやん。
だますような募集の仕方をせんといてほしい。





それから、
先週面接に行った美容商材系事務から書類が返ってきた。
お祈り通知に手書きでコメントが付けられていた。

**な仕事内容で募集したので※※なあなたは残念ながら…と
不採用の理由が書かれていた。
そして「これからも※※としてがんばってください」って書かれてた。
私※※(専門職)やないです…。
ってそれ面接でも言うたのに。

好意で言うてくれはったんやろうけど、
専門職に応募するスキルには遠く及ばないしそのつもりもないので
※※としてがんばれとか、正直大きなお世話やと思った。


面接で過去の仕事をファイルで見せたせい?
スキルとして、こういうこともできるって意味で
応募の職種によっては見せることがあるんやけど、
専門職やとか募集職種と違うと解釈されるなら
それは隠しておいたほうがいいのかもしれない。
どうしたらいいのかわからんなってきた。


自己PRの書き方を強めに変えたら書類通過率が上がったんやけど、
そのせいで専門職やとか、
離職後は個人で仕事取ってると勘違いされると(面接で立て続けにそう聞かれた)
面接で「違います、実際は…」って説明しても
一旦付いたイメージは覆しにくい。

けど勘違いされるなら、それは相手が悪いんやなくて、自分の責任。
書き方が悪い。なんとかする。
それか前の内容に戻す。消極的かもしれへんけど。


なんか疲れてしまった。
仕事内容が違いすぎる(っていうか虚偽やないの?)面接の帰りとか
叫び出したくなった。
オフィス街で、こんだけの数の会社があるのに
見渡す限りビルと会社だらけやのに、
なんで入れる会社ないの。
身の程知らずに高い給料とか楽な仕事とか求めてないのに。


テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

Tag:面接  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール
45歳。また無職。次行きます。

吉田

Author:吉田

カウンター
ブログランキング
ビジネス・経済本